俺ハワイ*ぷち

杉山清貴氏のファンサイトをやっております。こちらはライブ予定一覧や感想文置き場ですよ   本家:http://ohwi.c.ooco.jp/top.htmlTwitter:https://twitter.com/lisa_zz/※これらはインターネット等で公開されている情報やライブの感想を個人がまとめたものであり、アーティスト本人・事務所・レコード会社とは一切関係ありません。※何かありましたらTwitterまたはグラサン防備録下部に記載してあるメールアドレスまでお願いします。
杉山清貴氏のファンサイトをやっております。
こちらはライブ予定一覧や感想文置き場ですよ
 
 
 
本家:http://ohwi.c.ooco.jp/top.html
Twitter:https://twitter.com/lisa_zz/

※これらはインターネット等で公開されている情報やライブの感想を個人がまとめたものであり、アーティスト本人・事務所・レコード会社とは一切関係ありません。
※何かありましたらTwitterまたはグラサン防備録下部に記載してあるメールアドレスまでお願いします。

TOUR2011 brand-new day<1>

★全体+中野+名古屋
重鎮、林哲司さんとの新譜をひっさげてのツアー。
直前に発売される筈のそれが延期になってしまった事で
「聴いたことが無い曲ばっかりですが大丈夫です!」
と、どの会場でも気を使われておりました。

一曲目、「もう昔の事だけど思いだしてしまう」
というBECAUSEから始まり、
3-4曲単位で曲解説のMCを挟みつつ
新譜REUNITEDからの曲が続きます。
先行配信分以外は勿論初めてだったんですが、
実はそれまで林さんの存在を
ちゃんと考えた事がなくて(すみません
そんな私でも「ああやっぱ林さん入ると変わるな」と
すぐ分かるくらいにあの頃の匂いが。
かといって決して古さを感じる事はなく、
懐かしいのに新しい、不思議な感覚でした。

複数会場で共通して話されていたMCをいくつか。

GloryLoveと同様、共作という形を取るので
「杉山くんが作りかけで置いてある曲を持ってきて」と
林さんに言われたけれど、流石に恥ずかしかったので
無理矢理形に仕上げたものをいくつか送ったら
「こんなものはいらん」とガン無視された。
結局、作りかけのものを送ったのだけれど
林さんが驚くような素晴らしい形に仕上げてくれて、
自分で作ると自分の好きな方向に行っちゃうけれど
林さんに尻をたたかれたような気持ちになった。
ここまでのものは難しいけれど頑張りたい、との事でした。
オメガ時代から変わらずやっぱり林さんは師匠で、
林さんがいなかったら今こうして曲を作ったり
していなかったかもしれない、とも。

あとは曲にまつわるエピソードと(割愛('A`
4月6日にリリースが決まった新譜に付けるDVDに
トップテンに出た時のオメガトライブの映像を入れたこと、
(これは決まったのが名古屋あたりなのでそれ以降かな
全映像をチェックしたけどとにかく恥ずかしくてたまらないようで
「(体が)薄っぺらくてぺって押したら倒れそう」
「やだー杉山さんたらおひげなんか生やしちゃってへんなのー」
とどこの会場でも自らつっこみまくりで
最終日ではヒゲについて「カビはえてる!」とまで。
ガラスのPALMTREEの映像は全員私服のものなので
あの頃のファッションとか色々面白いものが見られます、と。

中盤戦からFly Awayで上昇しつつ後半戦へ。
おすわりタイムはおしまいだ!
私は男性コーラスが入った構成は
ゲスト以外では観たことがないので、
SHADEのコーラスで軽漏らしました。
あれが生で聴ける日が来るなんて!
そしてMistyの今泉さんが神がかっておりました。
ドラム、細かいとこまで全部あれ打ってるのな…!
半分くらい打ち込みかとばかり。
(今まで遠い席ばっかだったのでよく見えなかった
ばーっときてラスト、long time ago。
一曲目のBECAUSE、過去から始まったこのライブ、
昔の事を懐かしむこの曲で締めますと。
(もうちょっと微妙なニュアンスだったかも
終盤、比山さんがコーラスを入れる部分があるんですが
ものすごく澄んだ高音で、人の声じゃないみたいでした。
一瞬何かの楽器かと思ったくらいで。

そしてアンコール、全員ツアーTシャツに着替えて再登場。
KONA WINDでは客席をいくつかに分けてサビを歌い
(比山さん木戸さんが来られた会場では
 「この二人のコーラスで歌えるなんて贅沢!」と煽りつつ)
DOUBLE RAINBOWはお約束の腕降りワイパー。

とりあえず全体的な部分はこんな感じでした。
やぱし後半戦がものすごい暑さでしたよ!
そして横浜、大阪に続きます。

name
email
url
comment